一障がい

「障がい」について色々書くブログ。

若手福祉職員のあり方

ずいぶん久しぶりになってしまいました。

 

さて今日は、うちの事業所で購読しています、障害者福祉を専門に扱う月刊誌「さぽーと」を読んでいてのこと。

 

この雑誌、障害者福祉を学ぶ上では大変勉強になる月刊誌です。回覧で回ってきますが、毎回熟読しています。毎月のテーマ、例えば「相談支援の今後」「意思決定支援」などについて、有識者の見解を綴っております。

 

それ以外にも、若手職員の声や、福祉政策について意見が交わされるコーナーなどなど、読みやすく、興味深いコーナーも点在していますが、「集え!若職人」のコーナーを読んでいて思ったことを今日は書きます〜。

 

 

 

 

この「集え!若職人」ですが、金太郎飴みたいな若手職員ばかりで、いかにも真面目くんがそれらしく答えたインタビューばかりで毎回残念に思います。

 

 

「利用者さんに質の良いサービスを〜〜」

「保護者さんにも理解していただけるよう〜〜」

「先輩職員を見習って〜〜〜」

 

 

そんな当たり前のことを毎月毎月掲載して、同じ若手職員としては何の参考にもなりません。だってそんなの分かりきっているもの。

 

若手職員に求められている姿勢は、「右に倣え」なのでしょうか?

 

まあもちろん自分も「右に倣え」することが多いです。それはあくまで自分の「提案」を通りやすくするため、信頼を築く必要があるからです。右に倣えする一方で、改善提案書書いたり稟議書書いたりしてます。そして、小さいところから、変えていこうという意識で仕事しています。だって福祉業界ってあらゆる点ですごく遅れているんだもの。

 

 

 

現場がチンタラやっている間に、法改正は3年に一回ほどのペースで大きく変わります。これも自分としては大きなニュースだと思っています。A型が淘汰されていく中、生き残れる就労A型施設はどんな方策が必要?今、企業ばりの経営能力が就労支援施設で求められています。

 

 

 

改めて。若手職員に求められる姿勢は、「右に倣え」なのでしょうか?

 

経営のことは施設長や事務員だけが考えればいい話なのか?

現場職員は目の前の利用者さんのサービスの質向上だけ考えればいいのか?

 

福祉職員キャリアパス対応初任者研修で聞いた、大変印象に残っている、初任者の「指針」があります。

 

「バランスのとれた職員」を目指すべき

 

 

バランスのとれた職員って何でしょう???